一般媒介契約で売る

不動産業者不動産仲介を依頼するにあたっての契約形態で一般媒介契約というものがありますが、これは売り手が複数の不動産会社に媒介を依頼できるタイプのものです。
つまりなるべく多くの所で購入希望者となりうる人に見てもらうために、あっちの業者でもこっちの業者でも営業活動を依頼するわけです。
さらにこの一般媒介契約には明示型と非明示型の二種類があり、明示型の場合は他にどの不動産会社へ仲介を依頼しているかを知らせなければなりません。
一方の非明示型の場合は他社への仲介依頼の有無などを知らせる義務はありません。

他にもメジャーな契約方法として専任媒介契約というものもあります。これは複数の不動産会社に仲介を依頼するのではなく、一つの不動産会社に任せる方法です。
専任媒介契約であれば自分で購入希望者を探してきて直接取引をすることも可能ですが、さらに1ランク上の専属専任媒介契約の場合は直接取引ができず、売却をすべて不動産会社に任せるという形になります。その代わりこうした専任媒介契約は一般媒介契約よりも不動産会社から受ける営業活動報告が頻繁で、進捗状況がしっかりとわかるようになっています。
これらの契約のどれが良いかを自分で見極めていかなければなりません。


▼関連する記事